精力回復のためには全身を"刺激"しなければ意味がない。

にんにくを主剤にしたものだけで千種類もあるのですから、健康,強壮食品がどれだけ出回っているかは想像もつきません。

 

食卓に上がるものとしてポピュラーなレンコンやゴボウ、ニンジンなどにしても、昔から強壮に良いとされてきましたが、現在の農地から作られるものに昔と同じ栄養素は期待できないのが現実です。

 

もし当時と同じように栄養素を摂取しようと思ったら、Amazonのヴィトックスαのような健康食品で集中特化する必要があるでしょう。

 

气市場に出回っている健康 強壮食品の中から、確実に強精効果があるとされるものを見てみますと、ローヤルゼリー、高麗人参、まむし、霊芝、ミネラル原液……などがあり、いずれもそれぞれの特長を備えています。

 

が、なかには「万病に効く」といったキャッチフレーズだけが先行したり、伝説的にイメージづけされたものもあり、百パーセント信頼できるというものではありません。

 

本当に信頼できる強壮食とは、やはり"天然成分"のよさが生かされたもの--その代表選手が「にんにく」であり、また「卵黄エキス」「スッポン」であるということになります。

 

強壮剤として一般に知られているのは、脳下垂体ホルモン, マメハンミョウ(粘膜を一時に充血させる作用を持つ刺激成分を含んだ昆虫で、乾燥粉末として飲むと尿道を激しく刺激して性器を充 させ、勃起作用を起こすもの)やョヒンピン (西アフリカ産植物からとれ、勃起中枢を刺激するアルカロイド性催淫剤)、また香港あたりで土産品として売られているカンタリスなどがありますが、これらの量を多くとり過ぎたために、愛の交歓どころか、大変なチン騒動になってしまった、という笑話のようなホントの話も聞いたことがあります。

 

これらは、まことに"即効"で、勃起はするのですが、いずれも栄養分がまったくといっていいくらいなく、連用することによって逆に再起不能になることもしばしばありますので、くれぐれもご注意を。

 

それにひきかえ、「如意?」は、主成分のブリン、アリシン、スコルジニンが体内に吸収されて全身の細胞に行きわたり、細胞に活力を与え、全身のホルモン生成腺を次々に呼びさまし、旺盛に分泌させる働きを持っていますから、たとえ連用した場合でも、ますます元気になるばかりで、副作用の心配もまったくないのです。

 

また、単に精巣(俗にキンタマ)とか卵巣のような性腺を直接に刺激するだけでなく,全身のすべてのホルモン生成腺を刺激し、その相互連関作用を高めるものですから、短絡的な性欲の中枢刺激作用といった安っぽいものではありません。

 

ただし、一時に五錠を毎日といったように、その量を極端にオーバーすれば,どのような霊薬でも害になることがあるのは常識でも判断できるでしょう。

 

極量の摂取は、赤血球の造血作用を防げたり、腸管収縮を起こしたりすることがあります。

 

"刺激オーバー"にならないように気をつけてください。